還元率を個人情報を引き出してから最後に訂正する

私が3年前に実際にあった体験談であります。 そのショップは還元率が95%と表記してあり、即借入の現金化について詳しくないこともあり疑いもしませんでした。 名前、住所、電話番号、クレジットカード番号などを聞かれて、身分証明書を自宅からFAXしました。 最終的に決済の段階になったときに言われた言葉が悪徳の象徴でした。 「お客様は還元率を95%と見てお電話してきたと思うのですが、あれは2回目以降の方用になってます。 初めての利用になるので還元率は55%になりますが宜しいでしょうか?」 散々、個人情報を聞き出しておいて最後に換金率を引き下げる悪徳な手口で断るに断れない状況です。 このように初めから侮辱するような55%だと知っていれば、ここで現金化はしなかったのにと深く後悔しても結果的には手遅れです。

※正確な数字は初めに聞いておこう

当日振込なのに、半分は1週間後になるって悪徳な現金化?

現金化の顧客に聞いた体験談です。 申込から身分確認までいった後に、言われた言葉が下記のような不可解な説明になります。 「当日の振込は借り入れ額の半分になります。残り半分については、商品到着後に住所が確認できてからなので1週間後です。」 あまり聞いたことがない悪徳な最新の手口ですが、現金化の業者としては1日でも振込が遅ければ会社の利益になるとの算段なのでしょう。 借り入れした後半の金額もきちんと振込されたが、即日で必要だったものの半分しか最終的には調達できなかったことになります。 即借入の現状を見ると詐欺のような悪徳な面という部分では結果的には残念ながらどうしてもポジティブには変わりません。

※1回で振込が完了するのかを聞いておきましょう

商品を2回目からは送ってこなくなる

現金化は指定商品を購入した暁のリターンの漏れなく方のキャッシュバックになります。 店舗を持つ老舗の質屋のような買取方式でない場合に商品が自宅に届けられないと法律上で大きな問題が起きます。 悪徳な即借入の会社だと、利用が2回目以降のリピーターさんに対しては手間や経費削減の為なのか商品を宅急便で送らないケースもあります。 利用者の立場でいうと、不要だと思っても万が一にクレジットカード会社に率直に質問され、何か不正を突っ込まれた際にきちんと商品を購入したとアピールできるようにしておくことが重要です。 最終的にはお届けまでの数百円の少しの送料を惜しむような怪しいところでは、まずは最初から現金化をしないほうが無難です。

現金化で騙されない方法は申込みをしない事

一番の騙されないための賢い方法はやはり我慢して1円も利用しない事がベストです。 それを言ってしまったら元も子もないのですが、いくらお金に困っていても即借入を利用しないに越したことはありません。 これはこの現金化に限ってではありませんが買い物枠を使用したからと言って考え方によっては免責されない負債をしているに変わりはありません。 一括払いでも分割、リボでも支払いが終わるまでは実質借りている事と同じことになるのです。 ですから既に借り入れがある場合は増加させてしまう事になります。 また何か予測不能なトラブルに巻き込まれないようにするために、ミスのないチェックを行い絶対に悪徳な業者に騙されない、解体に追い込む方法はお客様がいない事です。 単純なようで一番難しい事ですが、それが一番効果的です。 それでも日本にはお金の融資を受けれる機関の種類は限られていますので、これが消費者金融で断られてしまう方は闇金や違法業者に流れてしまう事になるのです。 総量規制後に確かに必要以上の負債を作る人の割合は増加させることに少なからず成功したかもしれませんが、これはそれ以上に危険なルートに向かう道を作ってしまったという意見もあります。


現金化【審査なし】即借入

現金化をする方法の手順は簡単です

このページの先頭へ